• ホーム
  • 血圧下げる薬とED治療薬は相性が悪い?

血圧下げる薬とED治療薬は相性が悪い?

血圧下げる薬は、ED治療薬とは飲み合わせが悪い可能性があります。
ED治療薬はそれ自体が血管拡張作用のある薬なので、血圧下げる薬と一緒に飲んでしまうと、相乗的に血圧を下げすぎてしまう危険性があります。

治療薬のなかには、もともと肺動脈性肺高血圧症の治療に使われていた成分もあります。
つまり、もともとが血圧下げる薬の成分として使われていたということです。

薬は適量ならば体にプラスの効果をもたらしてくれますが、一定の値を越えると毒になってしまう危険性があります。
薬と毒は表裏一体のものだということを理解しておきましょう。

ED治療薬を購入するならば、病院処方かネット通販という2択になります。
病院処方は医師の診断や必要に応じた検査を受けた後で処方してもらえるので、安全で確実です。
もっとも健康被害のリスクが少ない方法です。

しかし、病院を受診することをためらっている人や、もっと安く入手したい人にとっては病院処方は第一選択肢とはなりません。

安くて処方箋なしで購入したいならば、ネット通販が便利です。
この場合には、販売者と購入者の仲介をしてくれる業者の選定が何よりも大切です。
経営実績が長い老舗的な業者は、口コミ数も多くて信頼出来ます。