タブレットを見ているカップル
黄色のカプセルと瓶
悩んでいる男性と錠剤
公開履歴
薬を飲んでいる男性

ED診療ガイドラインでは、EDを引き起こす可能性のある薬として、以下のような薬を連載しています。
降圧剤、抗うつ剤、抗精神病剤、抗てんかん剤、睡眠剤、抗潰瘍剤、抗男性ホルモン剤、脂質異常症治療薬、です。
報告が多いのは、降圧剤と抗うつ剤によるEDです。

降圧剤は心臓に負担をかけないように血圧を下げる働きがあるので、その影響でペニスへの血流が低下してEDになる危険性があります。
ただし、高血圧の人は動脈硬化を起こしやすいので、そのせいでEDが起きている可能性もあります。
降圧剤を使っている場合には、薬剤性のEDの可能性もあることを考慮しておくと良いでしょう。

抗うつ剤はEDとの関わりがかなり高いです。
抗うつ剤の他に、精神安定剤、向精神薬なども同じようなリスクがあります。

一般的にはうつ病のせいで性行為をしたい気持ちが萎えることが原因と考えられてきましたが、薬の影響で症状があらわれていることもあります。
うつ状態では性行為の回数も減るので気付きにくいですが、抗うつ剤の効果で少しうつ症状が解消されてきた時にEDに気づくことがあります。

なぜ薬剤性の症状が起こるのかというと、セロトニンの濃度が増加するからです。
うつ病はセロトニンの量が少なくなるので、それを補うために薬が使われます。
セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンといった興奮に関わる神経系の働きを阻害する作用があるため、性的興奮の信号が伝わらなくなり、症状が起こります。
また、セロトニンが増加するとオーガズムや射精の遅延が起こるのも理由とされています。
向精神薬や精神安定剤の中には性欲低下を引き起こす高プラクチン血症になりやすい薬もあるので、薬剤性の症状があらわれる危険性があります。

EDを引き起こす可能性のある薬について紹介しましたが、EDを治療する薬も存在します。
特に有名なものは、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどがあり、さらにジェネリック医薬品の存在もあります。
バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラなどもありますが、カマグラの効果自体も先発医薬品であるバイアグラと遜色ないのですが、ジェネリック医薬品というだけで偽物のような印象を持つ方もいるでしょう。
そもそも主成分は先発医薬品と同じものを使っているので効果も同様であり、決して怪しいということはないのでジェネリック医薬品という選択肢も視野に入れておくといいでしょう。

記事一覧
女性版ED治療薬 2019年08月20日

女性版ED治療薬と聞くと、ぎょっとしてしまう人が非常に多いものです。なぜなら女性は男性器がついていませんので、物理的にも理論的にもEDになることはあり得ないので、そもそもEDを治療する必要などないからです。女性版ED治療薬というのは文字通りEDを治療する為の女性版の薬ではなくて、女性用バイアグラなど...

彼氏をEDから守るためにも治療薬を使おう 2019年09月24日

彼氏がED(勃起障害)を患っているというパートナーの女性もいるかもしれません。ED患者は年齢とともに増えますが、最近では若い患者の数も増えています。若い患者の数が増えている理由は、生活習慣病が増えたことと、精神的なストレスを抱える人が増えているからです。食事の欧米化によって、日本人の食生活は以前より...

EDで彼女に振られない為にできること 2019年09月04日

ED、勃起不全と言う症状自体は決して珍しいものではありません。むしろ男性が年を重ねていけば多かれ少なかれEDのような種尾錠を感じるということは半ば当然のことでもあります。しかしながらそれは年齢を重ねた場合の話であり、年齢を重ねる前の若い人にEDが見られたというような場合には何かの原因があるとして考え...

ED治療薬バイアグラの効果の特徴 2019年10月11日

勃起不全症(ED)は近年認知度も上がったため、ED治療を受ける人の数も増えてきています。ED治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類が存在します。その中でもバイアグラは日本で最初に製造販売承認を取得したED治療薬であり、その知名度は大変高いものとなっています。バイアグラに関しては、ジェネリ...

ED治療薬はクリニックか通販サイトから購入しましょう 2019年08月10日

ED治療は恥ずかしいと感じる男性は多くいます。ですが、この症状に悩む人は意外にも多く、若い男性から年配者まで、幅広い年代の人が治療を行っていますから、恥ずかしがらずにまずは最寄りの病院に頼りましょう。ED治療薬を病院で処方してもらうのが面倒に感じるのなら、通販サイトを利用するのもおすすめです。インタ...